SNSのリスクは計り知れない

>

SNSの危険性

企業に関するトラブル

企業におけるリスクは大事になってしまいますので、それぞれの企業がマニュアル化して社員に徹底させている企業も多いようです。
不特定多数が見るSNSですが、広告としての利用は効果的で便利な反面、収拾がつかなくなってしまうこともあります。
企業が運営する公式アカウントでのキャンペーンや投稿ミスや適切ではない文面など運営側のミスや、ユーザー側のコメントを企業の都合で削除してしまうことで炎上してしまい、大幅なイメージダウンに繋がってしまいます。
自社は良かれと思っていることでも、広告は少しオーバーに書かれますので、度が過ぎてしまいますと、ちょっとした表現が色んなふうにとらえられ、尾ひれがついて拡散されてしまいます。

従業員によるトラブル

従業員による不適切発言や行為によるSNSトラブルも相次いでいます。
社員やアルバイトなど雇用形態に関わらず、その企業で働く従業員は会社の一員と一般的には見られていますので、徹底した教育が必要です。
携帯で撮った社内の写真や動画を何気なく投稿したところ、信用に関わる大問題に発展したケースもあります。
お客さんの悪口や社内の情報を漏洩したり、一般のアカウントでの投稿ではありますが、画像や文章の情報やプロフィール等の情報で特定され、顧客による会社に対しての不満や怒りの投稿が殺到するケースもあります。
対策としては予防です。
各企業がSNSに対する教育をしっかりすることです。
炎上した後の対策も考慮して、迅速に対応できるように準備しておくと良いでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る